福山の日本料理 おく村

おもてなし

季節のおもてなし

麗らかに春

厳しい寒さを越し、柔らかく芽吹いた山の幸、瀬戸内の鯛は桜の季節にほんのりピンク色に染まるのが旬の目印。桃の節句頃には「一対の貝殻は二つとして合わさるものはない」という、仲睦まじさの象徴である貝がおいしくなります。お料理全体も優しい色合いではんなりと。

涼やかな夏

京都の夏といえばハモ。祇園祭の頃が最も旬を迎えるといわれます。骨切りしてほろっと柔らかい身の部分、そして濃厚な骨出汁・・・全てをあますことなく味わうことができます。賀茂茄子、万願寺唐辛子などの京野菜にはクールダウンの効果が。旬のもので効率よく栄養補給を。

爽やかな秋

空高くさわやかな風を感じて。色づく紅葉、実りの秋。松茸や丹波しめじ等のキノコ類や、お芋、ゴボウなどの根菜類も香りと味で魅せてくれます。お魚ではモミジが色づく頃再び鯛が旬を迎えるほか、サンマやサバ、サワラなどの青魚が脂ものって食欲をそそります。

冴ゆる冬

済んだ空気で夜空の星も一段と美しく。「王様」フグの登場です。海老芋などの京野菜も料理の主役としてほっこりとした気持ちにさせてくれます。そして一年の集大成、おせち。新しい年を迎えていただくべく、培った技術と最高の食材で全てを注ぎ込みます。

おく村料理長挨拶

素材にこだわり、手間を惜しまず調理した料理。 奥深い味わいを、五感でお楽しみいただけることに 喜びを感じています。 日本料理を心ゆくまでご堪能ください。

おく村料理長写真
奥村 竜太郎
おくむら りょうたろう 1974年9月27日生まれ
京都山科出身

大学時代アルバイトで入った寿司店で日本料理に目覚め、以降京都・大阪の料理店にて10年修行。2002年広島県福山市に「おく村」オープン。

季節のお便り

味暦 師走の一品

2017 . 11 . 20

セコガニ

今年も11月6日に松葉ガニの解禁日を迎え、セコガニの時季がやってきました。セコガニ(松葉ガニのメス)は、解禁日から約2ヶ月しか食べることのできない希少な食材。おく村では、兵庫県北部にある津居山や香住で水揚げされたものにこだわっています。身をほぐし濃厚な味わいの味噌と内子を絡め、土佐酢のジュレでいただきます。冬の希少な味覚を是非お愉しみください。

季節の料理

1

2

3

4

IMG_2308

IMG_2369

IMG_2333

IMG_2344

IMG_2346

IMG_2354

IMG_2362

IMG_9474

IMG_9496

IMG_9342

IMG_9381

IMG_9395

IMG_9411

IMG_9437

IMG_9450

IMG_9629

IMG_9480

IMG_9645

IMG_9457

IMG_9451

お部屋

おく村店内写真メイン

カウンター8席

交通アクセス

旬彩酒肴 おく村 (日本料理・和食)

ご予約はこちら
TEL.084-946-6866
前日までにご予約下さい。
【住】広島県福山市春日町1-1-44
【営】昼/11:45~15:00 夜/18:00~22:30
【休】水曜日(不定休)
※茶事、出張等ご相談に応じます。お気軽にお問合せ下さい。

おく村外観写真